結婚式は写真だけでも行う|雑誌のグラビアのような写真

ステキな姿

伝統の衣装に身を包む

現在私達日本人が結婚式を挙げる場合、約7割の新郎新婦がキリスト教の教会を使って挙式を行なっている現実があります。こうした場所であればウェディングドレスを着用する事はできますが、白無垢に身を包む事はできません。またレストランウェディングやゲストハウスウェディングでも、和装の似合う会場は少ない現状があります。結婚式の写真は「衣装」と「ロケーション」があわさって初めて良いものが生まれます。和装で素敵な写真を残したい場合、フォトスタジオを使って前撮り写真を撮影するようにしましょう。和装の代表である白無垢は、室町時代から我が国の女性が着用していた伝統的な婚礼衣装です。ウェディングドレスも魅力的ですが、前撮り撮影で和装姿を残す価値は深く存在しているのです。

和装だからこそ試してみたい事

現在フォトスタジオを使って前撮り写真を撮影する場合、様々な「場所」を選ぶ事ができます。例えば和装に似合う場所と言えば神社仏閣が存在していますが、本来神前式で使うような場所で前撮り写真を撮影する事も可能なのです。他にも、和装に似合う日本的な植物の前で写真撮影を行なえば、印象深い写真を撮影する事ができるでしょう。私達が日常生活を送る際に、和装で外に出る機会は少ないものです。従って、和装の前撮り写真を撮影する場合、積極的にロケーション写真を撮影するようにしましょう。結婚写真としての価値だけでなく、自分の人生の一ページに思い出を刻む写真を残す事ができます。今後は、和装のロケーション写真を撮影する夫婦が増えて行くでしょう。

Copyright© 2015 結婚式は写真だけでも行う|雑誌のグラビアのような写真 All Rights Reserved.